こんにちは、PeX Labs編集部です。

今回は、年会費永年無料で業界最高水準のポイント付与率を誇る「リクルートカード」の利用ガイドをお届けします!

年会費やポイント還元率などの基礎知識、カードのお申込み方法と発行で獲得できる特典まで詳しく解説していきます!

※この記事は、2018年6月時点の情報を元に作成しています。
最新の情報は公式サイトでご確認ください。

リクルートカードの基礎知識

リクルートカードとは

リクルートカードは、株式会社リクルートホールディングスと株式会社ジェーシービー、三菱UFJニコス株式会社と提携し、発行するクレジットカードです。

驚異の高還元率1.2%で、年会費は永年無料。どこで使ってもリクルートポイント1.2%還元のほか、リクルートグループの各種ウェブサービスでの利用時、リクルートポイントとPontaポイントの2つのポイントが貯まるのが最大の特徴です。

リクルートカードの年会費と基本情報

リクルートカードの年会費は永年無料です。そのほかのサービス概要は以下の表をご覧ください。

国際ブランド Mastercard(R)、Visa、JCB
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.2%
旅行傷害保険 海外:最高2,000万円
国内:最高1,000万円
(利用付帯)
ショッピング保険 海外・国内:年間200万円
家族カード年会費 無料
ETCカード年会費 無料
※Mastercard(R)/Visaは新規発行手数料1,000円(税別)
カード発行会社
(商品詳細お問合わせ先)
Mastercard(R)/Visa:三菱UFJニコス株式会社
JCB:株式会社ジェーシービー

参照:【リクルートカード(Recruit Card)】新規入会+ご利用でポイントプレゼント(公式サイト)

支払い方法と引き落とし日

リクルートカードの支払いは、1回・2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス1回払いから選択できます。

1回払いについては、毎月15日に締め切り、翌月10日(土・日・祝日の場合は翌営業日)の支払いとなります。

参照:リクルートカード ご利用ガイド【Recruit Card(リクルートカード)】(公式サイト)

ウェブ明細の確認方法

リクルートカードの利用明細は、パソコン・スマートフォンのどちらからでも24時間、ウェブ上で確認できます。ウェブ明細を利用するには、提携カード会社のウェブサイトへの登録が必要となります。

参照:リクルートカード ご利用ガイド【Recruit Card(リクルートカード)】(公式サイト)

モバイル決済サービスへの対応

リクルートカード(Mastercard(R)/Visa)は、Apple Payに対応しています。
※リクルートカード(JCB)の対応は現時点で未定です。

参照:【リクルートカード(Recruit Card)】リクルートカードでApple Payをはじめよう(公式サイト)

利用するには、iPhoneの「Wallet」アプリから、リクルートカード(Mastercard(R)/Visa)を登録するだけで簡単にはじめられます。対応している店舗での支払時に、「QUICPay(クイックペイ)で支払う」と伝えて決済します。

旅行傷害保険が利用付帯

国内・海外旅行中の事故、病気やケガによる治療費、携行品の破損などの損害を補償してくれる保険です。旅行代金をリクルートカードで支払った場合に旅行損害保険が適用されます。

海外旅行 最高2,000万円(利用付帯)
国内旅行 最高1,000万円(利用付帯)

参照:カードの機能 – リクルートカード(Recruit Card)(公式サイト)

ショッピング保険が無料付帯

国内外を問わず、リクルートカード決済で購入した商品の破損・盗難などの損害を購入日より90日間保障してくれるショッピング保険が無料で付帯されています。保証限度額は年間200万円です。いざという時にも安心ですね。

参照:カードの機能 – リクルートカード(Recruit Card)(公式サイト)

リクルートカードのお申し込みの流れ

申し込み方法

リクルートカードの申し込みは、公式サイトからオンラインで完結します。好きなカードブランドを選択し、名前や生年月日などの情報を入力してください。

新規お申し込みの際には、リクルートID(無料)が必要です。 IDをお持ちでない方は、カードお申し込みページで新規会員登録をするとIDを取得できます。

審査完了後、登録したメールアドレスに審査結果が届きます。発行までの日数は、提携カード会社により異なります。

参照:お申込み方法 – リクルートカード(Recruit Card)(公式サイト)

カードが届いたらやること

リクルートカードがお手元に届いたら、券面をご確認のうえ、裏面に署名します。

リクルートカードの還元率

リクルートカードのポイントプログラム

リクルートカードの利用で貯まるポイントは、リクルートカード独自ポイントプログラムの「リクルートポイント」です。貯まったリクルートポイントは、リクルートグループの各種サービスで使えるほか、Pontaポイントへの交換も可能です。

参照:ポイントを貯める・使う – リクルートカード(Recruit Card)(公式サイト)

また、2015年11月より、リクルートグループの各種ウェブサービスで貯まるポイントが「リクルートポイント」から「Pontaポイント」に変更となりました。リクルートグループの各種ウェブサービスでのご利用で「Pontaポイント」、さらにリクルートカード決済で「リクルートポイント」の2つのポイントがダブルで貯まります。

参照:リクルートホールディングスとロイヤリティ マーケティング 2015年11月24日よりリクルートポイントはPontaポイントに!『じゃらん』や『ホットペッパー グルメ』など20のWEBサービスでPontaがたまる、つかえる! | リクルートホールディングス – Recruit Holdings(公式サイト)

ポイント還元率

リクルートカードのポイント還元率は、通常1.2%です。クレジットご利用分につき1.2%のリクルートポイントが貯まります。また、一部の公共料金、携帯電話、固定電話、新聞購読料の支払いカードとしても利用できるので、リクルートポイントを効率よく貯めることができます。

リクルートの各種サービスではさらに還元率が上がり、通常のポイントに加えて+1~3%分のリクルートポイントが付与されます。

参照:ポイントを貯める・使う – リクルートカード(Recruit Card)(公式サイト)

また、「じゃらんnet」での宿泊予約で最大11.2%還元、「ポンパレモール」でのお買い物で4.2%以上のリクルートポイントが貯まります。「ポンパレモール」では、最大20%還元の商品もあるので、リクルートカードでの決済で合計21.2%分のリクルートポイントを貯めることもできますよ!

参照:ポイントを貯める・使う – リクルートカード(Recruit Card)(公式サイト)

リクルートカードの発行でポイントを貯める方法

入会キャンペーンを利用する

リクルートカードでは、随時入会キャンペーンを実施しています。最大6,000円分(リクルートポイント)の特典を獲得可能です。

参照:リクルートカード(公式サイト)

開催時期によって特典内容が異なりますので、申し込み時は公式サイトを確認しましょう。

ポイントサイト経由で発行する

クレジットカード会社主催のキャンペーンのほか、ポイントサイト経由で発行すると、さらにポイントを獲得できます。

ポイント還元額は、ポイントサイトや時期によって異なりますので、お申込み前に比較サイトを確認するようにしましょう!

おすすめの比較サイトは、PeX Labsの以下記事で詳しく紹介しています。

まとめ

  • リクルートカードは年会費永年無料
  • ポンパレモールでのご利用でポイント最大21.2%還元
  • 入会キャンペーンでリクルートポイント+ポイントサイト経由でポイントがダブルでもらえる

いかがでしたか?今回は、リクルートカードの基本情報について解説しました。

常時1.2%のポイント高還元率で、リクルートグループの各種サービスを利用するとさらにお得にポイントを貯めることができます。年会費永久無料で、旅行もお買い物も安心の旅行傷害保険・ショッピング保険付きなのも魅力です。お申込みを検討している方はぜひ参考にしてくださいね。

PeX Labsでは、今後もリクルートカードのお得な情報を発信していきます!