【エポスカード 利用ガイド】年会費・ポイント還元率など基本情報まとめ

【エポスカード 利用ガイド】年会費・ポイント還元率など基本情報まとめ

こんにちは、PeX Labs編集部です。

今回は、エポスポイントが貯めやすく、マルイ系列のお店をよく利用する方にはもちろん、あまり利用しない方にもおすすめの「エポスカード」の利用ガイドをお届けします!

年会費やポイント還元率などの基礎知識、カードのお申込み方法と発行で獲得できる特典まで詳しく解説していきます!

※この記事は、2018年4月時点の情報を元に作成しています。
最新の情報は公式サイトでご確認ください。

エポスカードの基礎知識

エポスカードとは

日本で初めてクレジットカードを発行したマルイグループの株式会社エポスカードが発行するクレジットカードです。

年会費は永年無料!どこで使ってもエポスポイント0.5%還元のほか、還元率が上がるポイント制度が充実していることが最大の特徴です。

エポスカードの年会費と基本情報

エポスカードの年会費は永年無料です。そのほかのサービス概要は以下の表をご覧ください。

年会費 永年無料
ブランド VISA
ETCカード 年会費無料
ポイントプログラム エポスポイント
(クレジットご利用分200円につき1ポイント)
ポイント付与率 通常:0.5%
海外旅行傷害保険 無料付帯

参照:入会金・年会費 永年無料!ポイント交換メニューも充実|クレジットカードはエポスカード(公式サイト)

支払い方法と引き落とし日

参照:お支払方法・お支払日|クレジットカードはエポスカード(公式サイト)

エポスカードの支払いは、指定の金融機関の預貯金口座から毎月自動で支払われる口座引落し、またはコンビニや銀行のATM等エポスカードセンターにて支払いが可能なご持参払いから選択できます。

口座引落しの場合、毎月4日または27日(金融機関が休業日の場合は翌営業日)の支払いとなります。

また、お支払日により、カードご利用期間、ご利用締め日が異なります。

参照:お支払方法・お支払日|クレジットカードはエポスカード(公式サイト)

支払い方法は、1回払い、ボーナス払い、分割払い、リボ払いから選択できます。

1回・2回払い、ボーナス1回払いについては、手数料は一切かかりません。
3~36回払い、リボ払いの手数料の年率は15.00%です。

マルイ各店のエポスカードセンターで、増額払い・全額払いの手続きが可能で、余裕のある時にご利用残高をまとめて支払えば、その分手数料がお得になりますよ!
※マルイ店舗内以外でのエポスカードセンターでは、増額払い・全額払いの手続きをすることができません。

ウェブ明細の確認方法

エポスカードの利用明細は、エポスカード会員専用のインターネットサービス「エポスNet」ですぐに確認できます。ご利用可能額やご利用残高など、パソコン・スマートフォンのどちらからでも24時間、ウェブ上で確認可能です。

ウェブ明細を利用するには、「エポスNet」への登録が必要です。
申し込み完了後、エポスNet IDがメールにて届きます。
エポスNet IDと登録時に設定したパスワードでログインし、「Netで紹介する(郵送不要)」を選択します。

クレジット決済後、数日でウェブ明細ページで明細内容を確認できます。(利用店の注文処理などにより、反映日の時期は前後する場合があります)

過去12ヵ月のお支払い履歴と、今後12ヵ月のお支払い予定額の確認が可能です。

参照:エポスNetにログインできません。 | エポスカード よくあるご質問(公式サイト)

参照:ご利用明細Net照会サービスとは|クレジットカードはエポスカード(公式サイト)

モバイル決済サービスへの対応

エポスカードは、Apple Payに対応しています。

参照:Apple Payについて|クレジットカードはエポスカード(公式サイト)

利用するには、iPhoneの「Wallet」アプリから、エポスカードを登録するだけで簡単にはじめられます。対応している店舗での支払時に、「QUICPay(クイックペイ)で支払う」と伝えて決済します。

エポスカードと合わせて持ちたい「エポスVisaプリペイドカード」

参照:エポスVisaプリペイドカード|クレジットカードはエポスカード(公式サイト)

「エポスVisaプリペイドカード」とは、エポスカードをお持ちの方なら、誰でも発行できるプリペイド機能カードです。

あらかじめ現金をチャージして、エポスカードと同じように国内外のVISA加盟店で使えます。また、エポスカードで貯めたポイントを1ポイント1円相当でエポスVisaプリペイドカードに移行することも可能です。

発行手数料・年会費は無料

70種類以上のデザインから好きなカードが選べます。

エポスVisaプリペイドカードの支払い方法は、「1回払い」のみです。クレジットカードとは違い、プリペイドカードは前払い式なので、カードの使いすぎが防げます。また、使った金額が把握しやすく、管理しやすいのもメリットです。

カード残高は、エポスNet、エポス公式アプリでいつでも確認できます。

エポスVisaプリペイドカードにポイントプログラムはありませんが、200円ごとに0.5%キャッシュバックされるので、現金で払うよりもお得です!

参照:エポスVisaプリペイドカード|クレジットカードはエポスカード(公式サイト)

エポスVisaプリペイドカードは、エポスNetから発行できます。お届け住所と暗証番号を設定するだけでかんたんに申し込みができますよ!

年会費無料!エポスETCカード

ETCカードは、有料道路の料金所を通行する際に、ノンストップで通行料金を決済できる、通行料金お支払専用カードです。

エポスETCカードの年会費は永年無料です。

エポスETCカードご利用分もエポスポイントが貯まってお得です。

ETC利用分は、毎月のエポスカード利用分と合わせての支払いとなります。

ETCシステムの利用には、車載器が必要です。車載器にETCカードをセットするだけで、入口ゲートを通過することができます。

参照:エポスETCカード|クレジットカードはエポスカード(公式サイト)

海外旅行でもエポスカード

エポスカードは、海外への旅行期間中のケガや病気を補償する海外旅行傷害保険が適用されます。
※Visa付きのエポスカード本人会員のみです。家族会員は対象外となります。

1回の旅行につき、最長90日間まで補償。カード加入日の翌日以降に日本を出発される方が対象です。

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2000万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

※携行品損害は、1個・1組・1対あたり10万円限度。
※本内容は概要を説明したもので、実際の保険金お支払いの可否は、普通保険約款及び、特約等に基づきます。
※カード付帯保険サービスの内容は、予告なく変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

参照:海外旅行傷害保険|クレジットカードはエポスカード(公式サイト)

さらに、エポスカードの紛失・盗難時の不正使用も61日前(お届け日を含む)まで全額補償!
ショッピングご利用可能枠を一時的に増額することもできます。
また、海外のサポートデスクでは、観光に役立つ情報の提供や緊急時に日本語で対応してくれます。
営業時間外でも、東京の海外緊急デスクが24時間、年中無休で対応してくれるので、初めての海外旅行でも安心して楽しむことができそうですね!

参照:海外旅行で安心|クレジットカードはエポスカード(公式サイト)

エポスカードのお申し込みの流れ

申し込み方法

エポスカードの申し込みは、公式サイトからオンラインで完結します。好きなデザインを選択し、名前や生年月日などの情報を入力してください。

申し込み完了後、登録したメールアドレスに審査結果が届きます。

マルイ店舗のエポスカードセンターでの受け取りなら、最短当日にカードが受け取れます。郵送の場合には、約1週間後にカードが届きます。

参照:クレジットカードは入会金・年会費永年無料のエポスカード(公式サイト)

参照:エポスカード|カードのお申し込みについて(公式サイト)

カードが届いたらやること

エポスカードがお手元に届いたら、券面をご確認のうえ、裏面に署名します。

参照:エポスカード|会員規約(公式サイト)

エポスカードの還元率

エポスカードのポイントプログラム

エポスカードの利用で貯まるポイントは、エポスカード独自ポイントプログラムの「エポスポイント」です。マルイのお店やネット通販、Visa加盟店でのカード利用でポイントが貯まります。

参照:エポスカード|エポスポイントとは?(公式サイト)

ポイント還元率

エポスカードのポイント還元率は、通常0.5%です。(リボ・3回以上の分割払いの場合は1%還元)クレジットご利用分につき0.5%のエポスポイントがたまります。携帯電話・公共料金、家賃などの支払いカードとしても利用できるので、エポスポイントが貯まりやすいカードと言えます。

参照:エポスポイントの7つのため方|クレジットカードはエポスカード(公式サイト)

また、エポスカードと提携しているお店でのカード利用で、もらえるポイントが3倍、5倍、10倍とUPします!

参照:エポスカードのご優待 | エポトクプラザ(公式サイト)

さらに、ポイントアップサイト「たまるマーケット」経由でのお買い物でポイント2~30倍!
Amazon.co.jpや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどショップも充実しています。

参照:たまるマーケット(公式サイト)

貯めたエポスポイントは、エポスVisaプリペイドカードへの移行やマルイ店舗・通販ポイント割引等、使い道が幅広いので、どんどん貯めていきたいですね!

参照:エポスポイントの使い方|クレジットカードはエポスカード(公式サイト)

マイルへの交換

貯まったエポスポイントは、ANA・JALマイルへの直接交換も可能です。

2ポイントで、1マイルと交換可能。
1,000ポイント(500マイル)以上、500ポイント(250マイル)単位で交換できます。

また、移行手数料は無料です。

ANAマイルへの移行は、上限がないため、好きなだけマイルに移行できますよ!

交換までの期間は、ANAマイルとJALマイルで異なります。

  • ANAマイル 約2~3日後
  • JALマイル 約1ヵ月後 

マイルの移行は、エポスカードの公式サイトからエポスNetにログインして手続きを行います。

参照:エポスポイントの使い方|クレジットカードはエポスカード(公式サイト)

エポスカードの発行で特典を獲得する方法

入会キャンペーンを利用する

エポスカードでは、随時入会キャンペーンを実施しています。最大8,000円相当(エポスポイント)の特典を獲得可能です。

参照:エポスカード(公式サイト)

開催時期によって特典内容が異なりますので、申し込み時は公式サイトを確認しましょう。

ポイントサイト経由で発行する

クレジットカード会社主催のキャンペーンのほか、ポイントサイト経由で発行すると、さらにポイントを獲得できます。

ポイント還元額は、ポイントサイトや時期によって異なりますので、お申込み前に比較サイトを確認するようにしましょう!

おすすめの比較サイトは、PeX Labsの以下記事で詳しく紹介しています。

PeX Labsで過去に紹介したエポスカードの高還元情報は以下ページにまとめています。

エポスカード紹介記事 >

まとめ

  • エポスカードは年会費永年無料
  • たまるマーケット経由でのネットショッピングでポイント2~30倍
  • 入会キャンペーンでエポスポイント+ポイントサイト経由でポイントがダブルでもらえる

いかがでしたか?今回は、エポスカードの基本情報について解説しました。

エポスカードは、年会費無料で付帯サービスが充実しています。また、マルイ系列のお店をあまり利用しない方でもエポスポイントが貯まりやすく、使い道が幅広いのも魅力です。お申込みを検討している方はぜひ参考にしてくださいね。

PeX Labsでは、今後もエポスカードのお得な情報を発信していきます!