【楽天カード 利用ガイド】年会費・ポイント還元率など基本情報まとめ

【楽天カード 利用ガイド】年会費・ポイント還元率など基本情報まとめ

こんにちは、PeX Labs編集部です。

今回は、楽天ポイントが貯めやすく、楽天のサービスをよりお得に使えるクレジットカードとして人気の「楽天カード」の利用ガイドをお届けします!

年会費やポイント還元率などの基礎知識、カードのお申込み方法と発行で獲得できる特典まで詳しく解説していきます!

※この記事は、2018年3月時点の情報を元に作成しています。
最新の情報は公式サイトでご確認ください。

楽天カードの基礎知識

楽天カードとは

楽天カードは、ECサイト(インターネット通販)「楽天市場」を運営している楽天グループの、楽天カード株式会社が発行するクレジットカードです。

顧客満足度は、9年連続No.1!

楽天ポイント加盟店でポイントが貯まる・使える“楽天カード”機能も備えたクレジットカードで、年会費は永年無料。どこで使っても楽天ポイント1%還元のほか、楽天ユーザー向けの特典が充実しているのが最大の特徴です。

楽天カードの年会費と基本情報

楽天カードの年会費は永年無料です。そのほかのサービス概要は以下の表をご覧ください。

年会費 永年無料
ブランド Mastercard、JCB、VISA
ポイント還元率 1%
(クレジットご利用分100円につき1円分)
保険 海外旅行傷害保険
利用可能額 最大100万円
追加可能カード ETCカード

家族カード

付帯機能 楽天Edy

楽天ポイントカード

参照:年会費永年無料の楽天カード|楽天カード(公式サイト)

支払い方法と引き落とし日

楽天カードの支払いは、1回・2回払い、リボ払い、分割払い、ボーナス1回・2回払いから選択できます。

1回・2回払いについては、毎月末日に締め切り、翌月27日(土・日・祝日の場合は翌営業日)の支払いとなります。

参照:楽天カード: お支払い方法について(公式サイト)

ウェブ明細の確認方法

楽天カードの利用明細は、カードお受け取り後オンラインですぐに確認できます。利用金額や引き落とし日、引き落とし口座など、パソコン・スマートフォンのどちらからでも24時間、ウェブ上で確認可能です。

参照:楽天e-NAVIサービス開始手続き|楽天カード(公式サイト)

ウェブ明細は、楽天e-NAVI上で確認できます。

楽天e-NAVIへ初めて新しいカードを登録する場合、楽天カードのお申込み時の楽天会員IDでログイン後、楽天e-NAVIサービス開始手続きが必要です。

楽天e-NAVIサービス開始手続きでは、

  • クレジットカード情報
  • 生年月日
  • 電話番号

の3つの項目を入力します。

クレジット決済後、数日でウェブ明細ページで利用日・利用商品ごとに、明細内容を確認できます。(利用店の注文処理などにより、反映日の時期は前後する場合があります)

また、楽天e-NAVIでは各種支払い方法・利用可能枠の増枠や、登録情報の照会・変更、キャッシングなどのお申込みもできます。

モバイル決済サービスへの対応

楽天カードは、Apple Pay・楽天ペイに対応しています。

スマホのみで支払いができるので現金が手元になくても安心!

Apple Payの利用は、iPhoneの「Wallet」アプリから、楽天カードを登録するだけで簡単にはじめられます。また、楽天カードアプリでの設定も可能です。

参照:楽天カード: Apple Pay登場。(公式サイト)

楽天ペイを利用する場合は、楽天ペイアプリのダウンロードが必要です。

楽天ペイアプリから、楽天会員IDでログイン後、お支払い元カードを選択します。コード表示、QR読み取り、セルフのいずれかの方法で支払うことが可能です。対応している店舗での支払時に、楽天ペイアプリで支払うことを伝えて決済します。

また、楽天ポイントを1ポイント1円で支払い時に使うことが可能です。

楽天ポイントを使って支払う場合、あらかじめ「ポイントをすべて使う」「一部使う」を設定することができます。

参照:楽天ペイ: カード払いをアプリひとつで(公式サイト)

楽天ペイのマークがあるお店で使うことができます。

楽天バーチャルプリペイドカードでのお支払い

楽天バーチャルプリペイドカードとは、インターネット専用のプリペイドカードのことです。

あらかじめ購入した金額まで使える使い切り型のプリペイドカードでデータ漏えいが気になる方やゲームや動画などの課金に使いすぎてしまう方、ご利用明細が残るのが気になる方におすすめです。

楽天カードをお持ちの方であれば、500円~30,000円までの範囲内で、購入することができます。

クレジットカード同様にインターネット上の支払いに利用することが可能です。

24時間いつでも楽天e-NAVI発行できます。
購入後すぐに利用することができ、手数料は一切かかりません。

参照:楽天カード:楽天バーチャルプリペイドカード(公式サイト)

楽天Edyが無料付帯

楽天Edyとは、あらかじめチャージすることで、現金の代わりにカードで支払いができる電子マネーのことです。全国45万か所以上のEdyのロゴがある店舗で利用可能。

楽天カード申し込み時にEdy機能を無料で付帯することができます。

入金は1回1,000円~25,000円まで、1枚のEdyカードに最大50,000円までチャージすることが可能です。

参照:電子マネー「楽天Edy(ラクテンエディ)」チャージ(入金)する(公式サイト)

また、楽天Edy付帯の楽天カードなら、チャージ方法が豊富です。

様々なチャージ方法からご自身に合った方法を選択することができます。

海外でも楽天カード

楽天カードは、海外への旅行期間中のケガや病気を保証する海外旅行傷害保険が適用されます。

保険を有効にするには、出国前に自宅から出発空港までの交通費、または海外旅行代金を楽天カードで支払っていることが条件となります。保険加入のための特別な手続きは不要です。ご利用条件を満たすと海外旅行傷害保険が付保されます。

期間中の支払限度額は以下の通りです。

傷害死亡・後遺障害 最高額2,000万円
傷害治療費用 1事故の限度額200万円
疾病治療費用 1疾病の限度額200万円
賠償責任(免責なし) 1事故の限度額2,000万円
救援者費用 年間限度額200万円
携行品損害(免責金額3,000円) 年間限度額20万円

※携行品損害は、1個・1組・1対あたり10万円が限度です。
※本内容は概要を説明したもので、実際の保険金お支払いの可否は、普通保険約款および、特約などに基づきます。

参照:楽天カード:海外旅行傷害保険(公式サイト)

楽天カードの海外キャッシングを使えば、海外のATM/CDで現地通貨を引き出すことも可能です。

また、ハワイ・ワイキキ T ギャラリア ハワイ by DFS内にある「Rakuten Cardラウンジ」のサービスを無料で利用することができます。

現地では日本語スタッフが対応してくれるので、英語を話せなくても安心して利用することができますね!

参照:楽天カード:ハワイ・ワイキキ 楽天カードラウンジ(公式サイト)

ラウンジでは、お店やレストランで使える特典クーポンも配布しています。

海外旅行に行く際には、ぜひ立ち寄りたいですね。

楽天カードのお申し込みの流れ

申し込み方法

楽天カードの申し込みは、公式サイトからオンラインで完結します。好きなカードブランドとデザインを選択し、名前や生年月日などの情報を入力してください。楽天会員IDをまだお持ちでない方は、カードお申込み時に発行してください。

審査完了後、登録したメールアドレスに審査結果が届きます。審査結果のメールが届かない場合は、専用Webページ「カード発行状況の確認」からも確認できます。

お申し込みからおよそ1週間程度で

  • 日本郵便(株)「本人限定郵便」
  • 日本郵便(株)「簡易書留」
  • 佐川急便(株)「受取人確認サポート」


のいずれかの方法で届きます。

参照:新規で申し込んだカードの発送方法と受取方法が知りたいです。(公式サイト)

カードが届いたらやること

楽天カードがお手元に届いたら、券面をご確認のうえ、裏面に署名します。
その後、楽天e-NAVIサービス開始手続きを行います。

参照:楽天カードご利用ガイド(公式)

楽天カードの還元率

楽天カードのポイントプログラム

楽天カードの利用で貯まるポイントは「楽天ポイント」です。入会の特典、毎月のクレジット利用、楽天サービスの利用でさらに楽天ポイントが上乗せされて貯まります。

また、楽天ポイントカード機能付帯の楽天カードを提示すると、全国の楽天ポイント提携先でダブルでポイントを貯めたり使ったりできます。

例えば、マクドナルドなどの店舗で楽天ポイントカードの提示を求められる際、楽天カードを提示するだけで楽天ポイントが貯まります。さらに楽天カードで支払うことで、楽天ポイントをダブルで貯めることができるのです。

参照:楽天ポイントカード:使えるお店(公式サイト)

ポイント還元率

楽天カードのポイント還元率は、通常1%です。クレジットご利用分につき1%の楽天ポイントが貯まります。公共料金などの固定費も支払いカードとして利用可能。海外旅行先でのご利用でもポイントが貯まるので、楽天ポイントが貯まりやすいカードと言えます。

また、楽天ポイントがアップするサービスも充実しています。

参照:楽天カード:カードのお申し込み(公式サイト)

楽天市場でのご利用でさらに還元率が上がり、楽天ポイントが最大3倍!

また、常時開催されているSPU(スーパーポイントアッププログロム)の条件を満たすと最大8倍から11倍のポイントを貯めることができます。

開催時期によって特典内容が異なりますので、各種サービスを利用する際は公式サイトを確認しましょう。

楽天カードを使うとポイントが貯まるキャンペーンも随時開催しています。気になるキャンペーンがあればエントリーしてポイントを貯めていきたいですね。

月に2回、楽天会員限定で最大10倍になるキャンペーンも実施しています。

参照:楽天カード:楽天カードでポイントを貯める(公式サイト)

マイルへの交換

貯まった楽天ポイントは、ANAマイルへの直接交換も可能です。

楽天ポイント2ポイントで、ANAマイル1マイルと交換可能。

交換可能なポイント数は、1回につき1,000ポイント(2ポイント単位)まで、月に20,000ポイントまで交換することができます。

ANAのマイルへ交換を行うには、楽天PointClubにログイン後、

  • ANAお客様番号 
  • ANAお客様指名
  • 交換ポイント数

の3つの項目の入力が必要です。

交換までの期間は、申し込みから約1週間かかります。

※期間限定ポイント・提携先から交換したポイントは、交換することができません。

参照:【楽天PointClub】:楽天スーパーポイントをANAに交換!(公式サイト)

楽天カードの発行で特典を獲得する方法

入会キャンペーンを利用する

楽天カードでは、随時入会キャンペーンを実施しています。最大7,000円相当(楽天ポイント)の特典を獲得可能です。

※入会特典のポイントは、「楽天e-NAVI」に会員登録後、受け取り申請が必要です。

開催時期によって特典内容が異なりますので、申し込み時は公式サイトを確認しましょう。

参照:新規入会&利用でポイントプレゼント|楽天カード(公式サイト)

ポイントサイト経由で発行する

クレジットカード会社主催のキャンペーンのほか、ポイントサイト経由で発行すると、さらにポイントを獲得できます。
ポイント還元額は、ポイントサイトや時期によって異なりますので、お申込み前に比較サイトを確認するようにしましょう!

おすすめの比較サイトは、PeX Labsの以下記事で詳しく紹介しています。

PeX Labsで過去に紹介した楽天カードの高還元情報は以下ページにまとめています。

楽天カード紹介記事 >

まとめ

  • 楽天カードは年会費永年無料
  • SPUの条件クリアでポイント最大11倍
  • 入会キャンペーンで楽天ポイント+ポイントサイト経由でポイントがダブルでもらえる

いかがでしたか?今回は、楽天カードの基本情報について解説しました。

楽天カードは、使える提携先が幅広く、楽天ポイントが貯まるキャンペーンを随時開催しているため、楽天ポイントが貯まりやすいクレジットカードであると言えます。また、選べるデザインが豊富なのも楽天カードの魅力です。お申込みを検討している方はぜひ参考にしてくださいね。

PeX Labsでは、今後も楽天カードのお得な情報を発信していきます!